神戸大の森康子教授(臨床ウイルス学)らのチームは18日、新型コロナウイルスワクチンを3回接種した神戸大病院の医師65人の血液を調査した結果、全員がオミクロン株への感染を抑制する働きがある「中和抗体」を持っていたと発表した。

 チームは、3回目のワクチンを昨年12月に接種した20〜60代の医師65人を調査。オミクロン株に対する中和抗体が一定量以上あるかどうかを示す陽性率を調べると、2回目のワクチン接種から約2カ月後では23%だったが、約6カ月後では5%まで低下。3回目を接種した後では100%に上昇したという。