【シドニー共同】大規模噴火と津波で少なくとも3人が死亡したトンガに、支援物資がニュージーランドとオーストラリアから空路で近く到着する見通しになった。両国政府が19日明らかにした。現地では電力が回復。滑走路に積もった火山灰の除去が完了すれば、20日にも軍用輸送機で水や食料、医療用物資などを届けたい考えだ。

 両国はトンガ国内に新型コロナウイルスを持ち込むのを避けるため、人員がなるべく現地の人に近づかない「非接触型」(ニュージーランドのマフタ外相)の支援活動をする方針。

 トンガでは、災害の混乱で初めての市中感染が起き、脆弱な医療が逼迫する事態を最も恐れている。