【ワシントン、モスクワ共同】ブリンケン米国務長官は21日、ウクライナのクレバ外相と電話会談し、ウクライナ国境周辺に軍部隊を展開させるロシアの「いかなる攻撃」に対しても米国と同盟国は結束して厳しく対応すると述べ、ウクライナの主権と領土の一体性確保を支持すると強調した。ラブロフ・ロシア外相との同日の会談内容も説明した。

 ブリンケン氏はクレバ氏に、ウクライナの意向を十分に踏まえた上で対ロ方針を決める考えを改めて伝達。クレバ氏はツイッターで謝意を示した。

 ブリンケン氏は21日、スイス・ジュネーブでラブロフ氏と会談し、国境付近のロシア軍を撤収するよう要請した。