東京都は23日、千代田区内に開設する、無症状の新型コロナウイルス感染者向け宿泊療養施設を報道陣に公開した。家庭内感染を防ぐのが目的で、25日から運用を開始する。

 JR有楽町駅近くの都有施設を改修して約350床を整備し、医療スタッフが常駐する。1部屋約7.5平方メートルでベッドやテレビ、机などを設置。入所者が自由に行動できる共有スペースのほか、電話やインターネット会議用の防音スペース、軽い運動ができるエリアもある。

 小池百合子知事は施設を視察後、「家庭に子どもや高齢者がいて、うつす可能性がある方は距離を置くようにしてほしい」と述べ、施設の活用を呼び掛けた。