新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の急拡大で感染の有無を調べる抗原検査キットが品薄になったため、国内メーカーが緊急の増産体制に入ったことが24日、分かった。医療現場での利用に加え、昨秋に取り扱いを始めた薬局での販売も急増した。日本はキットの多くを輸入に頼っており、岸田文雄首相は24日、国が買い取りを保証し当面、1日80万回分まで増産するよう各社に要請したと明らかにした。

 ただキットの需要は世界的に伸びている。国内各社が増産しても、多くを輸入に頼ることから品薄の早期解消は難しく、検査遅れに伴い医療体制や社会経済活動に悪影響が出る恐れがある。