新型コロナウイルス対応について議論する政府の基本的対処方針分科会の尾身茂会長は25日、変異株のオミクロン株の影響による感染者急増に絡み「今まで以上にマスク着用と換気が大事」と基本的な対策の徹底を改めて国民に呼び掛けた。「みんなで工夫をして、できる対策、方法で暮らしと健康を守ろう」と訴え、感染リスクの高い行動を避けるよう要請した。

 分科会後に記者団の取材に応じた。感染リスクが高くなる状況は既に分かっていると指摘し、2、3週間は特に気を付けるべきだと強調。マスクについては「不織布マスクをしっかり着用してほしい」と求めた。