厚生労働省の専門家による分科会は26日、5〜11歳の子どもを対象とした新型コロナウイルスワクチン接種を予防接種法の臨時接種に位置付け、無料で受けられるよう進める方向で了承した。政府は早ければ3月にも接種を始める方針。接種を強く促す同法上の努力義務規定を適用するかどうかを巡っても議論したが結論は持ち越した。次回以降の会合でまとめる。

 予防接種法には「対象者は接種を受けるよう努めなければならない」とする規定があり、努力義務と呼ばれる。新型コロナワクチンでは妊婦を除く12歳以上に適用されているが、5〜11歳は感染しても軽症が多いことから、慎重な意見も出ていた。