【ソウル共同】韓国は朝鮮半島出身者が戦時中に「強制労働させられた現場だ」として「佐渡島の金山」の世界文化遺産への推薦撤回を要求してきた。韓国外務省は28日、推薦決定を受けて「深い遺憾を表明し、こうした試みを中止することを厳重に求める」との報道官声明を発表。相星孝一駐韓大使を呼んで抗議するなどすぐさま反発した。日韓関係はさらに悪化する見通しだ。

 韓国の強硬対応の背景には、同様に朝鮮半島出身者が働いていた長崎市の端島(通称・軍艦島)などの「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録を巡る約束が「忠実に履行されていない」との不信感がある。