ロシア外務省のザハロワ情報局長は6日、日本の反ロ的行動には対抗措置を取るとし、内容を検討していると述べた。定例記者会見で明らかにした。ウクライナ侵攻を理由にした日本の対ロ制裁への報復を指しているとみられるが、具体的内容には触れなかった。

 ザハロワ氏は、日本の現政権が「前任者らが長年かかって築いてきた両国間の協力関係を破壊している」とも述べ、ウクライナ侵攻を批判する岸田政権の対応に強い不満を表明した。

 ロシア外務省は3月、北方領土問題を含む日本との平和条約締結交渉を中断すると発表しており、日ロ関係の一層の冷却化は不可避となった。