ロシア南部チェチェン共和国のカディロフ首長は18日、ウクライナでの軍事作戦について「最初の段階で少し不備があった」と述べた。プーチン大統領をはじめとする政権幹部らは「作戦は計画通りに進んでいる」と繰り返しており、問題があったとの指摘は異例。

 カディロフ氏はプーチン氏に忠誠を誓い、ウクライナ南東部の激戦地マリウポリにも部隊を派遣した。18日に若者向けフォーラムにオンライン参加した際、「最初には間違いがあった」と認める一方、現在は「100%、大統領の指示通りに進んでいる」と強調した。