【ロンドン共同】フィンランドの国営ガス会社ガスムは20日、ロシアからの天然ガスの供給が21日朝(日本時間同日午後)に停止すると発表した。ロシア政府系ガスプロムから通告があったとしている。フィンランドは18日に米欧の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)への加盟を申請しており、ロシアの報復措置の可能性もある。

 ロシアは欧州などの「非友好国」に対し、ガス代金をロシアの通貨ルーブルで支払うよう3月下旬に要求。フィンランドは拒否する姿勢を示していた。ロシアの電力会社も13日、代金未払いを理由にフィンランドへの電力供給を停止すると発表していた。