政府は23日、新型コロナ対策の指針「基本的対処方針」を改定し、屋内外でマスクを外せる状況を初めて明記した。学校では十分な身体的距離が確保できる場合や体育の授業で着用の必要はないとした。

 運動部の部活動は競技によってはマスク着用を求めている場合もあるため、各競技団体のガイドラインを基に判断してもらう。

 屋外では周囲と2m以上離れていなくても会話をほとんどしない場合はマスクを着ける必要がない。屋内では、周囲との距離が十分で会話をほとんどしないのであればマスクは不要だが、距離が近かったり会話をしたりする場合は着用を推奨する。着けるのは不織布マスクを勧めている。