【サンパウロ共同】社会主義国キューバの裁判所は24日までに、著名ラップ歌手、マイケル・カスティジョ氏に、体制への名誉毀損や侮辱などの罪で禁錮9年の判決を言い渡した。同国メディアが報じた。カスティジョ氏は体制を批判したヒット曲「祖国と命」の作曲者の一人で、曲は米ラテン・グラミー賞の最優秀歌曲部門などで受賞した。

 裁判所はこのほか、国旗を侮辱した罪でアーティストのルイスマヌエル・オテロアルカンタラ氏ら2人に禁錮5年の判決を言い渡すなどした。カスティジョ氏は2020年11月、芸術家らが検閲の廃止を当局に求めて文化省の前で座り込みを行ったデモに参加していた。