【エルマウ共同】ロシアの侵攻を受けるウクライナのゼレンスキー大統領は27日、ドイツ南部エルマウで開催中の先進7カ国首脳会議(G7サミット)の2日目討議にオンラインで参加し、ロシアの侵攻が年末までに終結するよう全力を尽くさなければならないと訴えた。関係者などが明らかにした。

 サミットが開幕した26日の首都キーウ(キエフ)へのミサイル攻撃について説明。対ロ制裁継続や対空防衛システムの供与、穀物輸出や復興の支援を要請した。G7首脳はウクライナに対する財政、経済面の支援継続の必要性を確認した。

 G7は戦闘終結後を見据え、再建の取り組みに関する準備も始めたい考え。