【丹東、ソウル共同】北朝鮮メディアは11日、平壌で10日に開かれた全国非常防疫総括会議で、金正恩朝鮮労働党総書記が、新型コロナウイルス感染症に「勝利した」と宣言し、防疫措置の緩和を表明したと報じた。会議では妹の金与正党副部長が、金正恩氏が高熱を出していたと述べた。真偽や新型コロナ感染の有無は不明。

 金与正氏は、ウイルスは韓国の脱北者が風船につけて散布したビラに付いて流入したとして、韓国側に「強力な報復を加えなければならない」と表明した。朝鮮中央テレビが発言の場面を放送した。