【キーウ共同】2014年にロシアが強制編入したウクライナ南部クリミア半島北部で16日、ロシア軍弾薬庫が爆発したことを受け、ウクライナのイエルマーク大統領府長官は同日「ウクライナ軍の洗練された『非武装化』作戦は、ウクライナ全土の奪還まで続く」と通信アプリに投稿した。ウクライナは公式確認していないが、高官による攻撃への関与を示唆する発言が相次いでいる。

 南部ヘルソン州などへのロシア軍の補給路となっている半島に特殊部隊などを進入させ、インフラへの破壊工作を強めている可能性がある。