【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)の新型コロナウイルス感染症の集計で、8〜14日の1週間の新規感染者数が日本は139万5301人に上り、4週連続で世界最多となった。次いで韓国の86万人、米国の67万人となっている。日本は前週比7%減だったものの、依然として突出している。

 週間感染者数は世界全体では前週比24%減と、6月以降の増加基調から大きく減少に転じた。ただし検査態勢を大幅に縮小している国も多く、検査の絶対数が減ってきている。感染の実態を正確に把握していない可能性が高いとして、WHOは警戒継続を呼びかけている。