新型コロナウイルス感染者の全数把握見直しを巡り、厚生労働省は18日、代替する手法として、一定の基準に基づいて選ばれた医療機関からの届け出を集計して感染状況を監視する定点把握の導入を検討していることを明らかにした。