【リビウ共同】国連のグテレス事務総長は18日、ウクライナ西部リビウでゼレンスキー大統領、トルコのエルドアン大統領と3者会談した。ウクライナ南部でロシアが占拠している欧州最大のザポロジエ原発の安全確保などについて協議。グテレス氏は会談後の共同記者会見で「軍部隊を撤退させるべきだ」と強調。ロシアが進める原発の軍事拠点化を「自殺行為だ」と非難した。

 同原発では砲撃が続き、重大事故発生の懸念が強まっている。ゼレンスキー氏も会見で、原発からの軍部隊撤退を要求した。

 グテレス氏は「国連はザポロジエ原発への国際原子力機関調査団派遣を支援する能力がある」と強調した。