環境省などは29日、神奈川県伊勢原市の市街地で捕獲されたハヤブサ1羽の死骸について、鳥インフルエンザウイルスの遺伝子検査を国立環境研究所で実施した結果、高病原性と確定したと発表した。国内での野鳥の高病原性確定は、今シーズン初。周辺で弱ったり死んだりしている野鳥は確認されていないという。

 環境省は、捕獲した地点の周辺10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定。29日付で、野鳥に対する全国的な警戒レベル(3段階)を、通常時の「レベル1」から「レベル2」に引き上げた。