【ソウル共同】日米韓3カ国は30日、日本海で対潜水艦作戦の共同訓練を約5年ぶりに実施した。韓国軍関係者が明らかにした。米海軍の原子力空母ロナルド・レーガンや潜水艦、海上自衛隊の護衛艦あさひが参加。駆逐艦を投入する韓国海軍は「北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の脅威に対応するための作戦能力を向上させる機会になる」と訓練の意義を強調した。

 浜田靖一防衛相は30日の記者会見で、3カ国の共同訓練に関し「共通の安全保障と繁栄を保護するというコミットメントを示している。地域の平和と安定にしっかりと貢献していく」と述べた。

 訓練は米軍が全体を指揮した。