【キーウ共同】ウクライナのゼレンスキー大統領は9月30日、米欧の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)への加盟を正式に申請すると表明した。東南部4州の併合を一方的に宣言したロシアへの対抗姿勢を鮮明にした形。申請は「断固たる措置」だとし、迅速な加盟手続きを求めると語った。

 ゼレンスキー氏は国家安全保障・国防会議を開催した後の動画声明で、NATOとは事実上の同盟関係にあると主張。それを法的なものとするため加盟を申請すると語った。NATOには集団防衛条項があり、新規加盟には全加盟国の承認が必要。ウクライナの申請が受け入れられる可能性は低いとみられる。