【バンコク共同】タイ東北部ノンブアランプー県で6日、男が児童施設に押し入って銃を乱射、ナイフを使うなどして5歳以下の子ども約20人を含む少なくとも37人を殺害した。容疑者の男(34)は元警察官で、麻薬中毒を理由に6月に警察を解雇されていた。地元メディアによると、犯行時にも薬物の影響下だった可能性があるといい、警察が動機などを慎重に調べている。

 男は襲撃後、近くの自宅で妻と息子を銃殺して自殺した。

 警察によると、事件は6日午後1時ごろ発生。子どもたちの他、職員2人と一般市民らも犠牲となった。在タイ日本大使館によると、日本人被害者の情報は確認されていない。