韓国の尹徳敏駐日大使が26日までに東京都内で共同通信の単独インタビューに応じ、日韓首脳による相互往来について「思ったより早いうちにできるのではないかと期待している」と述べた。北朝鮮による軍事挑発などを念頭に「国際情勢が急激に変化している」と指摘し、年内に尹錫悦大統領が訪日する可能性も排除しないとした。訪日は「関係正常化の象徴的な出来事になる」とし、両国間の懸案だけでなく国際情勢も議題になるとの見通しを示した。

 最大の懸案として元徴用工問題を挙げ「両国民が納得できる解決策を探るため、両国とも非常に力を入れて(協議を)やっている」と説明した。