【北京共同】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞などは27日、金正恩党総書記が娘と共に新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」の開発に携わった科学者らと記念撮影をしたと伝え、19日に初めて娘として報じられた少女が金正恩氏に付き添う15枚の写真を掲載した。娘に「尊貴なお子様」と敬称を付けており、権威付けを図っている。

 一方同紙は、科学者らが金正恩氏に宛てた「忠誠を決意する手紙」の内容として、金正恩氏が火星17開発に絡み「地下発射場」の準備を指示していたと伝えた。発射前のミサイルを日米韓の攻撃から守る多様な方法を検討しているとみられる。