ロシア国防省は30日、日本海と東シナ海上空で、核兵器搭載可能なロシア軍の長距離戦略爆撃機ツポレフ95MSなどが中国軍のH6爆撃機と合同でパトロール飛行を実施したと発表した。(共同)