【ブカレスト共同】ルーマニア・ブカレストで29日開幕したNATO外相会合は30日、ウクライナに侵攻したロシアからの圧力が強まっている近隣国のモルドバ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ジョージアが参加し、3カ国の安全保障の強化に向け、訓練の提供など支援を前進させることで合意した。会合は同日閉幕した。

 軍事的脅威が高まっている中国が欧米の利益や価値、安全保障にもたらす長期的な課題についても協議。NATOのストルテンベルグ事務総長は閉幕後の記者会見で「NATOは欧米の軍事同盟だが、直面する課題は地球規模だ」と述べ、中国への対応に一層取り組む姿勢を強調した。