【カブール共同】アフガニスタン北部サマンガン州の州都アイバクにあるイスラム神学校で30日、礼拝中に爆発があり、15人が死亡、少なくとも20人がけがを負った。ロイター通信が報じた。治安当局はテロとみて捜査を始めた。

 爆発は昼過ぎに発生。神学校では、多くの男子学生が学んでいた。

 内務省の報道官は「この許し難い犯罪の実行犯を特定し裁きを受けさせるため、捜査している」と語った。

 アフガンではイスラム主義組織タリバンが昨年8月に実権を掌握。旧国軍との戦闘が終了したが、タリバンと対立する過激派組織「イスラム国」が宗教施設やタリバン関係者を狙った攻撃を繰り返している。