【マニラ共同】フィリピンの首都マニラにある同国最大のニュービリビッド刑務所で獄死が相次ぎ、170以上の遺体が放置されているのが見つかった。段階的に集団埋葬され、2日には日本人受刑者の男性1人を含む70人が葬られた。記録上はほとんどが病死とされており、異常な過密で感染症リスクが高かったと指摘されている。

 同刑務所トップを兼ねる矯正局長が10月、殺人容疑で解任され、不祥事が続々と発覚している。刑務所は遺体について、昨年12月以降に死亡し、親族が引き取らずに残されたと説明。この場合、3カ月後に埋葬するのが原則だが、同局長の下で放置されていた。