【北京共同】ロイター通信は2日、経営危機の中国不動産大手、中国恒大集団が同社初の電気自動車(EV)の量産を中止したと報じた。受注量が足りないためだという。低迷する不動産事業に代わる主力事業の位置づけだが、早くも暗礁に乗り上げた可能性がある。

 恒大のEV部門が人員削減に踏み切ったとも伝えた。人員削減は中国メディアも報じた。

 恒大は9月にスポーツタイプ多目的車(SUV)のEV「恒馳5」の量産を天津工場で始めたと発表。既に3万7千台を超える受注があるとしていた。その後、まず100台を引き渡したとも伝えられていた。