【キーウ共同】ウクライナメディアは5日、北部キーウ(キエフ)、西部ビンニツァ、南部オデッサ、ザポロジエの各州などで爆発音が聞こえたと報じた。ロシア軍が全土へのミサイル攻撃を行った可能性がある。各地で防空システムが作動した。ティモシェンコ大統領府副長官によると、ザポロジエ州では住宅にミサイルが撃ち込まれ、2人が死亡した。北部スムイ州では停電が起きた。

 電力会社ウクルエネルゴは、攻撃により重要インフラが被害を受けたと明らかにした。隣国モルドバの政府は5日、ウクライナとの国境近くでミサイルの一部が見つかったと明らかにした。