【北京共同】中国の習近平国家主席(共産党総書記)は6日、11月30日に96歳で死去した江沢民元国家主席の追悼大会で弔辞を述べた。改革・開放政策の推進や軍の近代化を江氏の功績として称賛。党の統治が国の発展を保障するとの認識を示し、国民に団結を呼びかけた。

 江氏は1989年の天安門事件の直後、党総書記に就任した。習氏は弔辞で、事件後の混乱や西側の制裁で、中国は「巨大な困難と圧力に直面した」と指摘。江氏が改革・開放を進め、積極外交を展開したと評価し、党と人民が「国の発展の基礎を固めた」とした。軍の近代化や、軍や武装警察のビジネス関与を禁じた改革も功績に挙げた。