厚生労働省は7日、新型コロナウイルス流行「第7波」の7〜8月、自宅での死者が、全国で少なくとも776人いたと明らかにした。80代以上が半数以上を占めた。「第6波」の今年1〜3月に自宅で亡くなった555人を上回った。

 基礎疾患の有無別でみると「あり」が69%で「なし」が19%、不明が12%だった。死亡直前の診断時の症状は「軽症・無症状」が41.4%で、中等症が13.1%、重症が7.1%だった。

 ワクチン接種歴でみると、1回は1%、2回は9%、3回は28%、4回は8%。未接種は20%、不明は34%だった。