政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は9日、新型コロナの法的位置付け見直しについて議論した。記者会見した尾身茂会長は、見直しに当たって新型コロナの重症度だけを季節性インフルエンザと比較するのではなく、医療への負荷や死者数なども考慮する必要があるとの意見がメンバーから出たことを明らかにした。

 尾身氏によると、会合では、経済系の専門家から「致死率などがインフルエンザに近づいている」として見直しに前向きな意見が出た一方、他のメンバーから感染力が高く死者の数も多いとして「インフルエンザと同程度とはいえない」との指摘もあった。