加熱式たばこと紙巻きたばこを併用する喫煙者は、たばこを吸わない人に比べて新型コロナの感染リスクが4.66倍との分析結果を、大阪公立大の浅井一久准教授らのチームが2日、英科学誌に発表した。加熱式だけの喫煙者も1.65倍だった。加熱式たばことコロナに着目した調査は初めてという。

 紙巻きだけの喫煙者は1.12倍で、チームはたばこを吸わない人との間で統計的に有意な差は確認されなかったとしている。感染後、酸素吸入が必要となるリスクは併用者で4.15倍、紙巻きだけで3.17倍、加熱式だけで1.90倍だった。

 加熱式の喫煙者で感染リスクが高まる詳しいメカニズムなどは分かっていない。