広島市と長崎市に拠点がある放射線影響研究所は1日、オンラインで記者会見し、放射線被爆による健康影響を調べるため、被爆者から提供を受けた生体試料のゲノム(全遺伝情報)の解析を初めて実施すると明らかにした。