【ワシントン共同】サリバン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は12日、バイデン大統領とウクライナのゼレンスキー大統領が先進7カ国首脳会議(G7サミット)が開かれるイタリアで13日に会談し、安全保障協力協定に署名すると明らかにした。イタリアに向かう大統領専用機内で記者団に語った。

 サリバン氏は、米国が同盟国や友好国と共に「ウクライナの抑止力を強化するための明確な構想を示す」と述べた。