【ファサーノ共同】ローマ教皇フランシスコは14日、イタリアで開催中の先進7カ国首脳会議(G7サミット)に初めて出席し、人工知能(AI)がもたらす課題について講演した。AIの兵器利用に懸念を示し「開発と使用を再考すべきだ」と規制強化を訴えた。

 AIについて、人間と同様の倫理性を持ち得ず「適切に制御する必要がある」と主張。AIを利用した自律型致死兵器システム(LAWS)の危険性に触れ「人の命を奪う選択を機械に委ねるべきではない」と強調した。