【ファサーノ共同】ハリス米副大統領は15日、スイス中部ビュルゲンシュトックでウクライナ提唱の和平案を協議する「世界平和サミット」に参加するのに合わせ、15億ドル(約2360億円)以上の追加人道支援を発表する。ゼレンスキー大統領とも会談し、長期的な支援の決意を改めて伝える。ホワイトハウスが明らかにした。

 今回の人道支援はウクライナの発電施設復旧のほか、国内避難民への食料供給などに充てられる。ハリス氏は米国内で大統領選の選挙資金集めイベントに出席するバイデン大統領の名代として、サミットで演説する。