【北京共同】中国が保有する核弾頭数が昨年から90発増えたとスウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)が発表したことに関し、中国外務省の林剣副報道局長は17日の記者会見で、中国は「自衛のための核戦略」を取っていると主張した。

 林氏は「米国は巨額の資金を投じて三位一体の核戦力を向上させている」と指摘。「これこそが世界の戦略的安定における重大な問題だ」と述べ、米国を非難した。