【マニラ共同】フィリピンのテオドロ国防相は17日の声明で、南シナ海のアユンギン礁(英語名セカンド・トーマス礁)の軍拠点に向かう補給船団が同日、中国側に妨害されたことについて「軍は中国の危険で無謀な行動に抵抗する」と宣言した。「中国の行動が南シナ海の平和の障害となっていることが明白になった」と訴えた。

 米国のカールソン駐フィリピン大使は17日、フィリピン側に負傷者が出たとし、中国を非難した。乗組員1人が重傷を負ったとの情報がある。中国海警局は補給船が不法侵入したと見なし、船に乗り込んで臨検を実施したと発表した。