【ソウル共同】韓国と中国は18日、外務・国防当局の次官級による外交安全保障対話(2プラス2)を初めてソウルで開き、朝鮮半島情勢を協議した。韓国は、北朝鮮によるごみ風船や弾道ミサイル発射などで南北の緊張が高まる中、プーチン・ロシア大統領の訪朝でロ朝の軍事協力が進むことへの憂慮を示した。韓国外務省が発表した。

 韓国はロ朝の軍事協力強化は朝鮮半島の緊張を一層高めるため中国の利益にも反すると訴え、朝鮮半島の平和や北朝鮮の非核化へ「建設的な役割」を果たすよう求めた。中国は役割を果たすと応じた。双方は2プラス2の定期開催で一致した。