【ブリュッセル共同】10月に任期満了となる北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長の後任を巡り、オランダ公共放送は18日、同国のルッテ首相が就任する見通しだと報じた。反対していたハンガリーが支持に転じ、事務総長への立候補を表明していたルーマニアのヨハニス大統領が出馬を取り下げる方針だという。

 NATOは7月にワシントンで開く首脳会議までに次期事務総長を決める予定だ。

 ロシア寄りだとされるハンガリーのオルバン首相は今月12日のストルテンベルグ氏との会談で、ハンガリーがNATOのウクライナ支援に参加しない代わりに、ルッテ氏の起用を阻止しないことで合意した。