【台北共同】中国が「台湾独立派による国家分裂行為」を処罰する司法手続きの指針を発表したことに対し、台湾で対中政策を主管する大陸委員会は21日、台湾を支持する国々に対する「極めて非文明的で粗暴な挑発」だと批判する談話を発表した。

 大陸委は、中国が台湾に対し「司法管轄権を持っていない」と強調。台湾人に向け、中国の措置は拘束力を持っておらず「中国共産党のどう喝」に動揺する必要はないとし、安心するよう呼びかけた。