【エルサレム共同】中東の衛星テレビ、アルジャジーラは22日、パレスチナ自治区ガザ北部ガザ市のシャティ難民キャンプなど二つの地域でイスラエル軍の攻撃により、少なくとも42人が死亡したと報じた。一方、軍は21日、最南部ラファ近郊を攻撃し、ガザ保健当局によると、少なくとも25人が死亡、50人が負傷した。

 イスラエル軍は22日、ガザ市のイスラム組織ハマスの拠点2カ所を空爆したと発表した。イスラエルメディアは、軍がガザ市でハマス幹部の殺害を狙ったと報じた。

 ラファ近郊の現場は、AP通信などによると軍が「人道地区」と称し市民に退避を促す南部マワシ地区の付近。