【蘇州共同】中国江蘇省蘇州で24日、スクールバスを停留所で待っていた日本人の母子が男に刃物で切り付けられ負傷した。母子は30代女性と未就学の男児で、病院に運ばれた。男児には複数の傷がある。男は中国人とみられ、バスの運転手が取り押さえ、当局が拘束して調べている。中国人1人も刺されて重体。日本政府関係者が明らかにした。蘇州の日本人学校は25日、休校となり、現地に不安が広がった。

 母子は日本人学校から下校する別の子が乗ったバスを待っていた。男児は背中の傷が最も深いという。母親も切り傷を負った。2人とも命に別条はないという。男はバスに乗り込み、バス案内係の中国人女性も刺した。

 在中国日本大使館は、最近各地の公園や学校など人の集まる場所で刺傷事件が起きているとして「外出の際は周囲の状況にくれぐれも留意」するよう邦人に呼びかけた。中国各地の日本人学校も警備を強化する。

 在上海日本総領事館によると、日本人を標的にしたと公表できる明確な情報はないという。同館は職員を現地に派遣。当局に情報共有と再発防止を求めた。