滋賀県は23日、新たに10歳未満〜80代の男女68人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日の確認数としては、1月9日の57人を上回り過去最多となった。中等症の1人を除き、いずれも軽症か無症状。県内での感染確認は計3434人になった。変異株判明は10人増えて計176人。

 新規感染者のうち感染経路不明は12人、調査中は44人。居住地別では、大津市19人、草津市13人、守山市9人、甲賀市5人、野洲、東近江市各4人など。

 クラスター(感染者集団)関連では、長浜市の神照小で児童2人が新たに感染し計13人となった。30日まで臨時休校を延長する。

 湖南広域消防本部は23日、中消防署の20〜30代職員4人が新たに感染したと発表した。うち3人が救急出動していたが、接触した市民への感染は確認されていないという。感染確認は計5人となった。