洗い上がりしっとり!「アミノ酸ヘアケア」の嬉しい効果3つ

シャンプーなどで「アミノ酸の製品」が増えているなかで、何がいいのか具体的には知らず、「なんとなく」使っている方も多いのではないでしょうか。

美容師やコスメコンシェルジュのプロとして年齢に合わせた美を提案している筆者が、「アミノ酸ヘアケア」が髪に良い理由を解説します。

■そもそも「アミノ酸」ってなに?

人の身体はタンパク質でできている部分が多くありますが、そのタンパク質をつくっているのが「アミノ酸」です。

たくさんの種類のアミノ酸があるのですが、髪の毛は18種類ものアミノ酸が集合してつくられています。このアミノ酸が不足すると、切れ毛や枝毛になったり、パーマやカラーの仕上がりにも影響してくるのです。

■「アミノ酸シャンプー」の効果3つ

アミノ酸シャンプーとは、主に「アミノ酸系洗浄成分」を使用したシャンプーのことをいいます。

(1)肌や髪にやさしい

アミノ酸シャンプーは低刺激で弱酸性なので、他のシャンプーと比べてもマイルドな洗い心地です。

(2)シャンプーによるダメージを防ぐ

石けん系や高級アルコール系のシャンプーだとすっきりとした洗いごこちはあるのですが、その分、必要な油分までとり過ぎたり、髪の毛のタンパク質が流れてしまったりもします。

アミノ酸シャンプーだと、髪の毛のタンパク質を守りながら洗うので、シャンプーによるタンパク質の流出を抑えてダメージを予防してくれます。

(3)洗い上がりしっとり

余分な皮脂をとり過ぎないので、保湿力が高いのも特長です。

髪だけでなく地肌の乾燥も防いでくれるので、乾燥によるフケやかゆみの改善にもおすすめです。

■アミノ酸で悪いところはないの?

頑固な汚れには弱い

他のシャンプーと比べると洗浄力が弱く泡立ちが悪いため、頑固な皮脂汚れには物足りなさがでます。

また、スタイリング剤がついているとさらに泡立ちが悪くなりますので、2回シャンプーをするのがおすすめです。

ベタつく

アミノ酸のシャンプーの泡が髪についた状態でしばらく時間を置くと、しっとりした髪になります。しかし、髪質やダメージによっては髪がベタつくこともあります。

特に、細い髪質でダメージ毛の方はベタつきやすいので、時間を置き過ぎないように気をつけましょう。

この時期は頭皮や髪の毛も乾燥しやすいので、アミノ酸ヘアケアをとり入れると良いでしょう。

髪質やダメージに合わせたアミノ酸ヘアケアが市場に多く出ているので、メリットデメリットをふまえたうえで、自分にあったアミノ酸ヘアケアを選んでみてはいかがでしょうか。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
・白髪を目立たせない!プロおすすめ大人ヘアアレンジ
・伸ばしかけも簡単!30代・40代に◎前髪アレンジまとめ
・NGシャンプーで老け髪に!美髪になるシャンプーのやり方
・洗髪しすぎでフケ発生!?「頭皮が乾燥するNG習慣」4つ

【参考】
※知って得する!髪と頭皮の情報 – デミ コスメティクス


関連記事

Life & Aging Reportの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索