自粛・マスク生活を過ごし、なんとなく義務的になっていたメイク習慣から解放された方や、「メイクって必要?」と立ち返った方もいらしたようです。

メイクアップアーティストの筆者が、改めて自分に必要なコスメを選択したいという方のために「ファンデーションの必要性」についてご紹介します。

■ファンデーションの目的

ファンデーションには「リキッド」「パウダー」「クリーム」など、さまざまな形状のものがあります。いずれの場合にも、目的は肌色を美しく見せるということです。

美しい肌のチェックポイントは下記の通りです。

・うるおい

・なめらかさ(キメ、毛穴)

・ハリ、弾力

・血色

こういった肌状態に整えるために行うのがスキンケアで、外観的に整えていくのがファンデーションの役割です。

■40代以降の女性にファンデーションが必要な理由

“肌の曲がり角”といわれる年齢を過ぎると、今までとは違う肌の変化をじわじわと感じると思います。公私共に慌ただしい30代では真剣に向き合うことのなかった肌の変化も、40代以降になると見た目にも実感として表れてきます。

以下のようなお悩みを感じ始めてはいませんか?

・乾燥による小ジワ、シワ、ツヤがない

・毛穴の開き、たるみ毛穴、ざらつき

・肌のたるみ、ゆるみ

・血色感がない、くすみを感じる

これらの変化は個人差がありますが、多くの女性が鏡に向かってため息をつく原因になるでしょう。ですが、ファンデーションは肌の変化をポジティブに装ってくれる、大人女性の強い味方になります。

ファンデーションを塗った肌の比較

左から、素肌→一度塗り→目元重ね塗りをした写真です

左から、素肌→一度塗り→目元重ね塗りをした写真です。

画像で比較してみると、素肌の状態は全体的に肌色にくすみがあり、特に目元の影が気になります。ファンデーションを顔全体に一度塗りすると、肌色のムラが整いなめらかに見えます。

さらに目の下から頬の中央にかけては重ね塗りすることで、目元の影をカバーして頬にハリを与えることができます。

カバー力のあるファンデーションを

くすみなどの肌の見え方が気になる方は、カバー力が適度にあるファンデーションを使うことで理想の仕上がりに近づけることができます。最近はベースメイクアイテムが多様化しているので、迷った時は「ファンデーション」という表記のあるものを選びましょう。

テスターがあれば、手の甲に伸ばしてカバー力をチェックすることをおすすめします。この時、ファンデーションがまるでスキンケアのように馴染んでしまうようではカバー力不足です。

春はファンデーションを上手に使いこなして、イキイキとした肌を演出しましょう。

(フェイスコンダクター/ヘア&メイクアップアーティスト/毛髪診断士認定講師 西村 リサ)

【関連記事】
・トレンド眉で老け見え?リフトアップ効果抜群の眉の描き方
・くすみを払って美肌に!大人のピンクメイクで若見えするコツ
・マスクの目元が華やぐ!上品に仕上がるプチプラマスカラ4選
・まぶたのくぼみ&くすみ解消!目元が若返るオレンジシャドウ