髪の毛量や厚みが減りだす40代・50代。エイジングによる髪質の変化で「以前よりペタンとする…」や「髪の印象が寂しくなった」、「昔みたいなエアリー感がでない」と悩んでいませんか?

大人になると、髪がきれいに決まらない原因を‟毛量の減少”や‟髪痩せ”と考えがちですが、よくある盲点に‟前髪のスタイリング”があります。ペタンとしやすい髪のトップや広がる毛先ばかりに集中して、前髪スタイリングの見直しを忘れていませんか?

つやプラ世代は前髪スタイリングのコツを知ると、驚くほど垢抜け感が生まれます。ヘアライター&ヘアジャーナリストの筆者が、華やかさと多幸感が溢れる、40代・50代がすべき前髪ルールについてご紹介します。

■あなたは大丈夫?大人の顔を寂しく見せてしまう前髪とは

前髪

提供:美容室Soleil(ソレイユ)

髪痩せが目立ち始める40代・50代は、肌のゆるみやたるみも気になる年ごろ。肌ならメイクで自然な血色感を演出したり、若く見せることもできますが、髪の場合はどうでしょうか?

例えば、おでこに張り付いたような動きのない前髪や、シンプルなセンターパートは、正面から見たときに立体感がありません。その結果、フロントが寂しく、大人顏を間延びさせて実年齢より老けて見えやすい側面があります。

また、おでこのしわを隠そうとして前髪を厚めに作る人もいますが、直線的な厚めバングは、年齢と共に弱まった印象のまつげや目元を悪目立ちさせることも。

デザイン次第で大人の顔を地味にも明るくも見せる前髪。40代・50代こそ前髪に気を配ることが、老け見えさせない、美人度アップのコツといえます。

■40代・50代を輝かせる、今すぐ真似たい若見えHAPPY前髪3つ

「Jバング」

前髪

提供:美容室Soleil(ソレイユ)

アルファベットのJの字をイメージしたデザインの前髪。ただ真っすぐ下ろすより、ゆるい曲線を加える事で目元に華やかさが生まれ、顔立ちを優しく引き立てます。

特に厚めの前髪が好みの人や、目鼻立ちがはっきりしなくなってきたと感じる人におすすめのデザインです。

ポイントは、おでこ全部を前髪で隠すのではなく、左右のどちらかに隙間を作ること。この抜け感があると、今っぽさが生まれて軽やかな印象になれます。また、やや厚めに作ることで印象が上向きになり、リフトアップ効果も高まります。

前髪

提供:美容室Soleil(ソレイユ)

前髪

提供:美容室Soleil(ソレイユ)

根元アップの「掻きあげ前髪」

前髪

提供:美容室Soleil(ソレイユ)

トップの毛量が寂しくなる40代・50代は、額にピタっと張り付くような前髪にすると、よりボリュームダウンした印象になります。毛量が減ったと感じる人ほど、前髪の根元をフワッと起こした‟掻きあげ風”前髪にしてみましょう。

このとき分け目を、6対4か7対3のアシンメトリーに作るのがベスト。そうすることで、より自然なふんわり感が生まれ、輪郭に沿う毛束もアンニュイなラインを描きやすいので、顔立ちが締まってシャープな印象になれます。

ショートレイヤーの場合は全体にゆるめのパーマをかけ、フロントや前髪の根元が自然に立ち上がるようにすると、華やかさとクール感の両方が手に入っておしゃれな印象に。

前髪

提供:美容室Soleil(ソレイユ)

前髪

提供:美容室Soleil(ソレイユ)

透け感のある「シースルーバング」

前髪

提供:美容室Soleil(ソレイユ)

額のシワを隠そうと、多めの前髪で額を覆う人がいますが、動きや空気感のない厚めの前髪は、逆に寂しくなった目元や頬が目立ちやすく、たるみなどの輪郭の変化も強調させてしまいます。

そんな人には、カットで束感を出したシースルーバングがおすすめ。程よく透け感が出ることで奥行きが生まれるので、色っぽさのある目元にシフトできます。

やや長めの前髪ならセクシー、まぶた上で設定すれば大人可愛い雰囲気が増すなど、顔立ちに女性らしさをプラスしたい人にぜひおすすめです。

前髪

提供:美容室Soleil(ソレイユ)

前髪

提供:美容室Soleil(ソレイユ)

年齢を重ねるにつれ、前髪の印象で、顔全体の華やかさや目元の雰囲気に大きな差が出てきます。大人ならではの「美人前髪」を上手に組み合わせ、いつまでも女性らしいヘアスタイルをキープしていきましょう!

(ヘアライター&ヘアジャーナリスト 小澤 佐知子)

【関連記事】
・髪の長さを変えずにイメチェン!若見えが叶う前髪スタイル5選
・たるみは髪型でカバー!40・50代がすべきリフトアップ若見えヘア
・リフトアップが叶う!おしゃれで簡単な「こなれポニーテール」
・白髪を一瞬で隠す!白髪をカバーするスタイリングテク

【参考】
画像提供:美容室Soleil(ソレイユ)